前へ
次へ

金融機関と税理士法の関係

銀行や信用金庫、生命保険会社や損害保険会社などは、顧客への提案において、税務に関する内容に触れることは不可避です。資産の運用がその代表的な場合ですが、それ以外にも事業承継や融資、信託業務、保険の新規契約などの場面で、税務の説明をすることが日常的にあります。しかし、税理士法の範囲を逸脱することはできませんので、最終的な税務処理に関しては顧問税理士などに確認するようにとの注意文言が記載されている提案書を使っています。金融機関にも税理の資格を有している職員はいますが、全ての顧客にその職員が接することはできません。税理士法を遵守するのは金融機関として当然のことであって、金融商品の提案においても税務に関しては一般的な説明に徹しています。

top用置換

top用置換2
Page Top